活用

0以外で平均値を求める(AVERAGEIF関数)

0以外で平均する

Googleスプレッドシートで、計算範囲に0のセルがあった時に、0以外の値のみでの平均を求めたい時は、AVERAGEIF関数を使用することで、「0以外」という条件を追加して平均を求めることができます。

平均を求める時は通常AVERAGE関数を使用しますが、条件がある時にはAVERAGEIF関数を使用します。

AVERAGEIF関数で0以外の値の平均を求める

Sample

0以外の値の平均を求める

AVERAGEIF関数で0以外の値で平均を計算する

0以外の条件一致する値の平均値を求める

セル範囲(B4からB13)に0点がある時、AVERAGE関数では0の値を含めて計算します。(点数合計÷人数)

計算範囲に0のセルが含まれる場合、0点以外の値だけで平均を計算したい時は以下のような数式を入力します。

1. 平均値を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルB14)

2. =AVERAGEIF(B3:B13,"<>0",B3:B13) と入力します。

AVERAGEIF関数で0以外の値で平均を計算する

=AVERAGEIF(B4:B13,"<>0",B4:B13) 

条件に指定した「<>0」は「0以外」の意味です。

指定したセル範囲(今回はB4からB13のデータ)内に0以外のセルは8個あり、その8つのデータの点数の平均値は「75点」とわかりました。(0以外の点数合計÷8人)

AVERAGEIF関数
条件に一致するセルの平均値を求めるAVERAGEIF関数条件に一致するデータの平均値を表示することができるGoogleスプレッドシートのAVERAGEIF関数の使い方。文字列の完全一致での条件以外にも数字がいくつ以上、特定の文字を含むなど部分一致の条件での平均を求めることもできます。...

AVERAGE関数の場合

セル範囲(B4からB13)に0点がある時、AVERAGE関数では「60点」になります。
(点数合計÷10人)

AVERAGE関数だと0を含めた計算

AVERAGE関数、AVERAGEA関数、AVERAGEIF関数は似ていますが、以下のように使い分けることができます。

  • 平均を求める→AVERAGE関数
  • 範囲に文字列がある(文字列は0として計算)→AVERAGEA関数
  • 範囲に0がある(0は除外して計算) AVERAGEIF関数

AVERAGE、AVERAGEA関数
平均値を求めるAVERAGE/AVERAGEA関数Googleスプレッドシートでデータの平均値を求める時に使用するAVERAGE関数、AVERAGEA関数の使い方。指定した範囲の平均を計算する関数です。...

AVERAGEIFでの色々な条件の入れ方

AVERAGEIF関数で指定する条件は、テキストの完全一致だけでなく、数字の条件でも使用できます。

条件指定で使用する演算子

条件指定する時によく使用される演算子と意味は以下です。

記号意味
=等しい
<>等しくない
<未満
<=以下
>より大きい
>=以上