活用

重複チェック、重複をカウントする

重複データのチェック

Googleスプレッドシートの関数で重複を見つける重複を数える方法を説明します。

どの値が重複しているかチェックするにはCOUNTIF関数を使用します。
ここではGoogleスプレッドシートでの操作を説明していますが、COUNTIF関数を使った重複チェックはExcelも同様にできるので、Excelの方も参考にしていただけます。

このページでは、データの登場回数を数えて見つける方法を解説していますが、重複チェックだけではなく重複を削除したい時は、以下の機能で重複のないデータにすることができます。

スプレッドシートで重複データを見つける方法

Sample

重複しているデータに「重複」と表示する

重複データのチェック(完成例)

COUNTIF関数でデータを数える

データ内の重複をチェックするには、同じものがいくつあるのか数を数えれば見つけることができます。
(数えた結果、1つなら重複なし、2つ以上なら重複しているということ)

今回はA列にある商品名に重複があるかをチェックしてみます。

1. カウントした結果を表示したいセル(今回はセルB2)に以下のようにCOUNTIF関数の数式を入力します。

重複データのチェック(COUNTIFで重複を数える)

=COUNTIF($A$2:$A$10,A2)

セルB2の数式を10行目までコピーします。

2. 数えた結果「いちご」が指定した範囲に2回登場しているので重複している、それ以外は1つだけなので重複なしということがわかりました。

重複データのチェック(COUNTIFで重複を数える)

数式で指定した範囲につけている「$」は絶対参照といい、数式をコピーした時にセル範囲が変わらないように固定する意味があります。

$を付け忘れてコピーすると指定したA2からA10の位置が変わってしまい正しい結果が出ません。

セル参照を絶対参照にする($をつける)には、セルを選択した直後にF4キー押下で$を付けることができます。

COUNTIF関数
条件に一致するセルを数えるCOUNTIF関数条件に一致するデータの数をカウントすることができるGoogleスプレッドシートのCOUNTIF関数の使い方。文字列での条件以外にも数字がいくつ以上などの条件に一致するデータを数えることもできる使用頻度の高い関数の一つです。...

IF関数とCOUNTIF関数で「重複」と表示する

上記のようにCOUNTIF関数だけでも判断できますが、もっとわかりやすく、

  • 重複がなければ何も表示しない
  • 重複あれば重複と表示する

という結果に変える方法を説明します。

1. IF関数とCOUNTIF関数を使用して、以下のような数式を入力します。

COUNTIF関数で範囲内に値がいくつあるか数え、その結果をIF関数で、結果が「1」なら空欄、「2以上(1より大きい)」なら重複と表示しています。

重複データのチェック(IF、COUNTIF関数で重複と表示)

=IF(COUNTIF($A$2:$A$10,A2)>1,"重複","")

2. COUNTIF関数の結果が2以上の「いちご」の表示が重複、それ以外は空欄となり見やすい結果になりました。

重複データのチェック(IF、COUNTIF関数で重複と表示)

「空欄」としたい時の指定は「””」(ダブルクォーテーション2つ)です。

IF関数
条件で結果を分けるIF関数Googleスプレッドシートで条件で結果を分ける時に使用するIF関数の使い方。IF関数とIF関数の掛け合わせで結果を3つにわけたり、OR関数やAND関数と組み合わせることで複数条件で結果を分けることもできます。...

条件付き書式で重複セルの色を変える

条件付き書式を使うことで、重複データのセル色やフォント色を変えて目立たせて、さらに重複データを見つけやすくすることができます。

Sample

重複データのセルの色を変える

条件付き書式で重複データの色を変える(完成例)

条件付き書式の設定内でCOUNTIF関数を使うことで、COUNTIFで数えた結果が2以上だったら色を変える設定をします。

1. 設定したい範囲を選択し、表示形式メニュー ≫ 条件付き書式をクリックします。

条件付き書式で重複データの色を変える

2. 書式ルールからカスタム数式を選択し、COUNTIF関数で数式を入力します。

条件付き書式で重複データの色を変える(カスタム数式)

=COUNTIF($A$2:$A$10,A2)>1

3. 重複しているセルの書式をどのようにするかを指定し、完了ボタンを押します。
書式というのはセルの色やフォントの色や太字などのスタイル、見た目をいいます。

条件付き書式で重複データの色を変える(書式の指定)

4. 重複しているデータの色が変わりました。

条件付き書式で重複データの色を変える

条件付き書式をもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Googleスプレッドシートの条件付き書式
条件付き書式で色分けする方法【図解】条件に一致するセルに色を付けたり、行全体に色を付けたりできるGoogleスプレッドシートの条件付き書式。完全一致の条件以外にもカスタム数式の設定方法、解除方法など初心者にもわかりやすく解説します。...

2つ目以降のみ重複チェックする場合

上記の例では範囲内に重複があるものすべてを「重複」と判断しますが、重複データの2個目以降のみをチェックしたい時は、以下のような数式で2個目以降のみを見つけることができます。

条件付き書式のカスタム数式で以下のような数式で、1個目の色は変えず、2個目以降のセルの色だけが変わります。
(もし重複が3つ以上あったら、2つ目以降の色が変わります)

重複データのチェック(2個目以降だけチェック)

=COUNTIF($A$2:$A2,$A2)>1

※絶対参照($)のつけ方、$の数に注意してください。

重複を削除したいなら以下の記事を参考にしてください。

重複の削除
スプレッドシートで重複を削除するスプレッドシートで重複データの削除をする方法です。関数を使わなくてもボタン一つで重複のないデータを作ることができます。...