データ操作

テキストの折り返し

テキストの折り返し

Googleスプレッドシートでセルの幅に収まらない文字は、

  • はみ出す
  • 折り返す
  • 切り詰める

のどれかの表示に設定ができます。

この設定ができるのはテキストデータだけであり、
計算の答えが、セルに収まらない桁数の時(関数を入れている場合など)はエラーが表示され、はみ出しや折り返しでの表示はできません。
そのような時は、列の幅を変更して表示する必要があります。

スプレッドシートでテキストの折り返しを変更する方法

テキストの折り返し(完成例)

折り返す

折り返す設定にすると、セル幅(列幅)に合わせて自動で改行され複数行での表示になります。

1. テキストを調整したいセル、またはセル範囲を選択し、
テキストの折り返しボタン » 折り返す をクリックします。

テキストの折り返し(セル選択)

2. テキストが折り返されました。

テキストの折り返し設定後

任意の位置で改行したい時は、セル内で改行をしてください。

セル内で改行
セル内で改行する方法Googleスプレッドシートのセルの中で改行する方法を解説。1つのセル内を複数行にすることができます。...

切り詰める

切り詰めるに設定すると、セル幅(列幅)までは表示されますが、収まらない部分は見えなくなります。

テキストを調整したいセル、またはセル範囲を選択し、
テキストの折り返しボタン » 切り詰める をクリック

テキストを切り詰める

テキストの位置の違いによるテキストの見え方

テキストの折り返し設定を切り詰めるにしている時、テキストの横方向の位置(左揃え、中央揃え、右揃え)の違いは以下のようになります。

テキストを切り詰めて表示(配置による違い)
テキストの配置
テキストの配置Googleスプレッドシートでテキストの位置を変える方法。中央に配置したり、左や右など横方向の配置や上下の縦方向の配置を変更することができます。スマホのGoogleスプレッドシートアプリでの操作方法も紹介。...

はみ出す(デフォルト設定)

このはみ出すの設定がデフォルトです。

1. テキストを調整したいセル、またはセル範囲を選択し、
テキストの折り返しボタン » はみ出す をクリックします。

テキストをはみ出して表示

テキストの位置の違いによるテキストの見え方

テキストの折り返し設定をはみ出すにしている時、テキストの横方向の位置(左揃え、中央揃え、右揃え)の違いは以下のようになります。

テキストをはみ出して表示(配置による違い)

隣のセルにデータがある時は、はみ出して表示はできません。
(列幅の分だけ見えるが、それ以上は見えない)

メニューからテキストの折り返しを設定

ボタン以外に、メニューから設定することも可能です。
メニューから設定する場合は以下の順に操作します。

テキストを調整したいセル、またはセル範囲を選択し、
表示形式メニュー » テキストの折り返し » 設定したい項目をクリック

メニューからテキストの折り返し

スマホアプリでテキストの折り返し

スマートフォンのスプレッドシートアプリでの操作方法を説明します。

  1. セルを選択
  2. 書式設定ボタンをタップ
  3. セルタブ » テキストを折り返すをONにする
スマホアプリでテキストの折り返し
スマホアプリでテキストの折り返し

スマホアプリでできる設定は、

  • ON→折り返す
  • OFF→はみ出す

の切り替えのみです。