数学

条件に一致するセルを数えるCOUNTIF関数

COUNTIF関数

Googleスプレッドシートで指定した範囲のデータ内で条件に合うセルの数を数えたい場合は、COUNTIF関数を使用します。

スプレッドシートのCOUNTIF関数の使い方

Sample

合格者の人数を数える

COUNTIF関数の使い方(完成例)

文字列に一致する件数を数える

セル範囲「C4からC13」内で「合格」という文字列が何個あるかを数えるには以下のような数式を入力します。

1. 件数を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルF3)

2. =COUNTIF(C4:C13,E3) と入力します。

COUNTIF関数の使い方

=COUNTIF(C4:C13,E3)

指定したセル範囲(今回はC4からC13のデータ)内に「合格」に等しいセルは5個と表示されます。

上記の例では条件をセルを選択していますが、直接文字を入力することもできます。

直接文字列を入力する時は、文字列を"(ダブルクォーテーション)で囲います。

=COUNTIF(C4:C13,"合格")

COUNTIFでの色々な条件の入れ方

COUNTIF関数で指定する条件は、テキストの完全一致だけでなく、数字の条件でも使用できます。

指定した数字以上の件数を数える(○以上)

「70点以上」の条件に一致するデータを数える時の数式の例です。

COUNTIF関数の使い方(70以上)

=COUNTIF(B4:B13,">=70")

条件指定で使用する演算子

条件指定する時によく使用される演算子と意味は以下です。

記号意味
=等しい
<>等しくない
<未満
<=以下
>より大きい
>=以上

空白以外の件数を数える

空白以外のセルを数える時は以下のような条件を指定します。

COUNTIF関数の使い方(空白以外を数える)

=COUNTIF(B4:B13,"<>")

空白以外、空白の件数を数えるには以下の関数でも同様のことができます。

ワイルドカードで部分一致の件数を数える

部分一致と呼ばれる条件の時にはワイルドカードで条件を指定します。

ワイルドカードとは、文字の代わりに*や?の記号を使用した条件指定の方法です。

COUNTIF関数の使い方(東京都の人数を数える)

=COUNTIF(C4:C13,"東京都*")

ワイルドカードの例

文字がある部分に*や?を代用して、一部分が一致している条件を指定します。

「*」(アスタリスク):文字数を限定しない

条件の種類条件該当する例
前方一致株式会社*株式会社A、株式会社ABC
後方一致*株式会社A株式会社、ABC株式会社
部分一致*株式会社*A株式会社B、ABC株式会社DE

「?」(クエスチョンマーク):1文字の代わり

条件の種類条件該当する例
前方一致株式会社?株式会社A
後方一致?株式会社A株式会社
部分一致?株式会社?A株式会社B

COUNTIFでOR条件の件数を数える

COUNTIF関数で、2つ以上の条件で数える方法です。

複数の条件すべて満たすものを数えるAND条件でのカウントはCOUNTIFS関数を使用してください。

複数の条件どれか1つでも満たすものを数えるOR条件は、以下の例のように条件1個ずつの件数を求め、それを足し算することでOR条件と同じ意味になります。

住所が「東京都」か「神奈川」から始まるデータの件数を数える

「東京都」の件数と「神奈川県」の件数を合計することで、OR条件と同じ意味になります。

COUNTIF関数の使い方(OR条件の場合)

=COUNTIF(C4:C13,"東京都*")+COUNTIF(C4:C13,"神奈川県*")

スプレッドシートのCOUNTIF(カウントイフ)関数の構文

スプレッドシートのCOUNTIF関数は以下のように入力します。

=COUNTIF(範囲,条件)
引数説明
範囲条件を判別するセルの範囲です(例:A1:A10)。
条件 上記「範囲」で指定した範囲から何を探したいか、の条件をここで指定します。
数値、テキスト、日付、論理式、セル参照を指定できます。