数学

条件に一致する値の合計を求めるSUMIF関数

SUMIF関数

スプレッドシートで1つの条件に合うものだけの合計をしたい場合は、Excelと同様、SUMIF関数を使用します。
複数の条件での合計を求めたい場合は「SUMIFS関数」を使用してください。

SUMIF(サムイフ)を使用すると、特定の文字のあるセルの合計を出したり、特定の日付、数値に基づいてセルを合計することができます。

SUMIFは部分一致のために論理演算子(>、<、<>、=)とワイルドカード(* ,?)を使用することもできます。

GoogleスプレッドシートのSUMIF関数の使い方

Sample

B列に営業所、C列に売上金額がある表から、営業所が東京の売上の合計を知りたい

SUMIF関数の使い方

[解説]

  1. セルF4を選択します。
  2. =SUMIF(B4:B13,E4,C4:C13) と入力します。

( )の中は、以下を「,」で区切って使用するセルを選択もしくは入力します。

範囲 B4:B13
条件 E4(もしくは「"東京"」と入力)
合計範囲 C4:C13

B4~B13から「東京(E4)」に一致する行の、C4~C13の値を合計するという意味になります。

条件にテキストを入力する場合は、二重引用符(”)で囲む必要があります。
数値の場合は二重引用符は不要です。

スプレッドシートのSUMIFでの色々な条件の入れ方

○○と等しい(完全一致)

数式

=SUMIF(B4:B13,"営業",C4:C13)

「営業」と等しいという条件になります。

特定の文字を含む

数式

=SUMIF(B4:B13,"*株式会社*",C4:C13)

「株式会社」を含む条件になります。

特定の文字と等しくない(含まない)

数式

=SUMIF(B4:B13,"<>*株式会社*",C4:C13)

「株式会社」を含まないという条件になります。

特定の文字から始まる(前方一致)

数式

=SUMIF(B4:B13,"株式会社*",C4:C13)

「株式会社」から始まる条件になります。

○○以上

数式

=SUMIF(B4:B13,>=100000,C4:C13)

「100,000以上」という条件になります。

○○より小さい

数式

=SUMIF(B4:B13,<50000,C4:C13)

「50,000」より小さい(未満)という条件になります。

GoogleスプレッドシートのSUMIF関数とは

関数の構文

スプレッドシートのSUMIF関数の構文は次のとおりです。

=SUMIF(範囲, 検索条件, [合計範囲])
引数説明
範囲必須。条件を判別するセルの範囲です(例:A1:A10)。
条件必須。上記「範囲」で指定した範囲から何を探したいか、の条件をここで指定します。数値、テキスト、日付、論理式、セル参照、または別のExcel関数の形式で指定できます。
合計範囲条件を満たす場合に合計の計算をするセル。
省略した場合、Excelは条件が適用された同じセルを合計します。
(つまり、範囲で選んだ場所を合計します)

読み方:サムイフ