統計

スプレッドシートでセルを数えるCOUNT関数

COUNT関数

GoogleスプレッドシートのCOUNT関数の使い方

スプレッドシートでセルの数を数えたい場合はExcelと同様、COUNT関数を使用します。
COUNT関数は数値データが入力されているセルのみを数えます。
空欄や文字のデータは数えません。

COUNT関数以外にも、
・文字データも数える時のCOUNTA関数
・条件に一致するセルの数を数える場合はCOUNTIF関数
・空欄セルを数えるならCOUNTBLANK関数
などがあります。

Sample

受験者の人数を数える(点数のセルの数を数える)

関数の入れ方

  1. セルB14を選択します。
  2. =COUNT(B4:B13) と入力します。
COUNT関数の使い方

=COUNT(B4:B13)

()内は、数えたいセルの範囲を選択します。

B4~B13の数値データが入っているセルの数を数える意味になります。

離れた複数のセルを数える場合の入れ方

離れたセルを選択する場合は、,(カンマ)区切りで複数の範囲を選択します。

=COUNT(A4:A13,D5:D10)

A4~A13とD5~D10の複数の範囲でセルの数を数えます。

スプレッドシートのCOUNT(カウント)関数の構文

GoogleスプレッドシートのCOUNT関数は以下のように入力します。

=COUNT(値)
引数説明
必須。数えたいセルの範囲です(例:A1:A10)。