統計

空欄以外のセルをカウントするCOUNTA関数【図解】

COUNTA関数

GoogleスプレッドシートのCOUNTA(カウントエー、カウンター)関数とは、セルの数を数える関数です。

COUNT関数は「数値データが入力されているセル」のみを数えるため、文字が入力されているセルはカウントできません。
文字や数字など、空欄以外のセルを数える時はCOUNTA関数を使用します。

ここではスプレッドシートでの操作を解説していますが、ExcelのCOUNTA関数も使い方は同じです。

セルを数えるCOUNT系の関数は他にも以下の関数があります。

どのセルを数えたいかで使い分けましょう。

このページではCOUNTA関数の使用方法を解説します。

スプレッドシートのCOUNTA関数の使い方

Sample

テスト結果から人数(セル)を数える

関数はカウント結果を表示させたいセルに入力し、数えたいセル範囲を指定します。

COUNTA関数の数式の入れ方

以下のようなテスト結果の表の時、出欠席関係なく生徒数を数えるならB列のセルを数えることで人数をカウントできます。

1. 件数を表示させたいセルを選択します。(今回はセルB15)

1. =COUNTA(B4:B13)と入力します。

COUNTA関数の使い方

=COUNTA(B4:B13)

()内は、数えたいセルの範囲を選択します。

B4~B13の数値や文字が入力されている空欄以外のセルの数を数える意味になります。

COUNTA関数を使用する際の注意

空欄以外を数えるため、エラー表示のセルや、空白に見えるけど空白ではない(スペースが入力されていたり、関数で空白にしている等)セルも数えるため注意してください。

欠席者は除いて出席者のみをカウントする場合は、数字セルのみをカウントすればいいので、COUNTA関数ではなくCOUNT関数を使用します。
COUNT関数の使い方は以下のページで詳しく解説しています。

COUNT関数
セルの数をカウントするCOUNT関数【図解】COUNT関数とは「セルの数をカウントする」Googleスプレッドシートの関数です。セル内に値があるセル数をカウントします。COUNT関数の使用例と基本的な使い方の説明です。...

離れた複数のセルを数える場合の入れ方

=COUNTA(A4:A13,D5:D10)

A4~A13とD5~D10、など離れた複数の範囲でセルを数える場合は以下のように,(カンマ)区切りで指定します。

スプレッドシートのCOUNTA(カウンター/カウントエー)関数の構文

GoogleスプレッドシートのCOUNTA関数は以下のように入力します。

=COUNTA(値)
引数説明
必須。数えたいセルの範囲です(例:A1:A10)。