統計

文字が入力されているセルを数えるCOUNTA関数

COUNTA関数

スプレッドシートのCOUNTA関数の使い方

スプレッドシートでセルの数を数えたいときはCOUNTA関数を使用します。
COUNTA関数は空欄以外のセルを数えます。

COUNT関数は数値データが入力されているセルを数えますが、COUNTA関数は空欄以外であれば文字や数字でも数えることができます。

Sample

テスト結果から人数(セル)を数える

関数の入れ方

  1. セルB15を選択します。
  2. =COUNTA(B4:B13) と入力します。
COUNTA関数の使い方

=COUNTA(B4:B13)

()内は、数えたいセルの範囲を選択します。

B4~B13の数値や文字が入力されている空欄以外のセルの数を数える意味になります。

COUNTA関数を使用する際の注意

空欄以外を数えるため、エラー表示のセルや、空白に見えるけど空白ではない(スペースが入力されていたり、関数で空白にしている等)セルも数えるため注意してください。

離れた複数のセルを数える場合の入れ方

=COUNTA(A4:A13,D5:D10)

A4~A13とD5~D10、など離れた複数の範囲でセルを数える場合は以下のように,(カンマ)区切りで指定します。

スプレッドシートのCOUNTA(カウンター/カウントエー)関数の構文

GoogleスプレッドシートのCOUNTA関数は以下のように入力します。

=COUNTA(値)
引数説明
必須。数えたいセルの範囲です(例:A1:A10)。