数学

合計、集計をするSUM関数

SUM関数

スプレッドシートでセルの値を合計する足し算するには、Excelと同様、SUM関数を使用します。
条件に一致するセルの合計をしたい場合は「SUMIF関数」を使用してください。

例題を使ってスプレッドシートのSUM関数の一般的な使用方法について簡単に説明します。

GoogleスプレッドシートのSUM関数の使い方

Sample

C列の売上金額の合計を出したい

SUM関数の使い方
  1. 合計を表示させたいセルを選択します。(今回はセルC9)
  2. =SUM(C4:C8) と入力します。

[解説]
( )の中は、合計したいセルを選択します。

値1 C4:C8

C4~C8の値を合計するという意味になります。

また、離れたセルを合計(足し算)したい場合は、以下のようにカンマ(,)区切りで入力をします。

数式

=SUM(C4,C7,C13)

この例では『C4とC7とC13』を足すことになります。

GoogleスプレッドシートのSUM関数とは

関数の構文

スプレッドシートのSUM関数の構文は次のとおりです。

=SUM(値1, [値2], [値3], …)
引数説明
値1必須。合計するセルの範囲です(例:A1:A10)
値2合計する2つ目のセルの範囲です
値3合計する3つ目のセルの範囲です

読み方:サム