データ操作

チェックボックスを使う、チェックの数を数える

チェックボックス

Googleスプレッドシートのチェックボックスの使い方を説明します。

関数を使うことで、チェックの数を数えることもできるので、アンケートの作成や出欠表の作成に便利です。

スプレッドシートでチェックボックスを使う方法

Sample

C列にチェックボックスを作り、参加か欠席かをわかるようにしたい

チェックボックス01

操作方法(チェックボックスの表示)

1 チェックボックスを追加したいセルの範囲を選択します。

チェックボックス02

2  挿入メニュー » チェックボックス
をクリックすると選択した範囲にチェックボックスが追加されます。

チェックボックス03

3 チェックボックスが入りました!

チェックボックス04

チェックボックスはクリックでON、OFFの切り替えができます。

また、スペースキーでもONOFFの切り替え可能です。

チェックボックス05

チェックボックスの削除

不要になったチェックボックスを削除(解除)したい場合は、削除したいセル範囲を選択し、Deleteキーで削除できます。

チェックをカウントする

チェックボックスのチェックの数はCOUNTIF関数で数えることができます。

Sample

参加者の人数を数える(チェックが入っている数を数える)

COUNTIFでチェックボックスを数える

答えを出したいセルF4に以下のような数式を入力します。

=COUNTIF(C:C,true)

C列が「TRUE」(チェックが入っている)のセルを数える。

スプレッドシートでは、

  • チェックが入った状態:TRUE
  • チェックが外れた状態:FALSE

と入力しているのと同じ状態になっています。

チェックが入っているセルの数を数える場合には、「TRUE」と入力されているセルを数えることと同じ意味になります。