データ操作

チェックボックスの使い方、チェックの数を数える

チェックボックス

Googleスプレッドシートでセルにチェックボックスを追加する、チェックボックスの使い方を説明します。

COUNTIF関数を使って、チェックの数を数える方法も解説しています。
アンケートの作成や出欠表の作成に便利です。

スプレッドシートでチェックボックスを使う方法

Sample

C列にチェックボックスを作り、参加か欠席かをわかるようにしたい

チェックボックス01

チェックボックスを追加する方法

1 チェックボックスを追加したいセルの範囲を選択します。
(ここではセルC4~C13の範囲を選択)

チェックボックス02

2 挿入メニュー » チェックボックスをクリック

チェックボックス03

3 チェックボックスが入りました!

チェックボックス04

チェックボックスはクリックでON、OFFの切り替えができます。

また、スペースキーでもONOFFの切り替え可能です。

チェックボックス05

チェックボックスの削除

不要になったチェックボックスを削除(解除)したい場合は、削除したいセル範囲を選択し、Deleteキーで削除できます。

チェックをカウントする(COUNTIF関数)

チェックボックスのチェックの数はCOUNTIF関数で数えることができます。

Sample

参加者の人数を数える(チェックが入っている数を数える)

答えを出したいセルF4に以下のような数式を入力します。

COUNTIFでチェックボックスを数える

=COUNTIF(C:C,true)

スプレッドシートでは、

  • チェックが入った状態:TRUE
  • チェックが外れた状態:FALSE

と入力しているのと同じ状態になっています。

そのためCOUNTIF関数で、C列が「TRUE」(チェックが入っている)のセルを数えれば、チェックがONの数をカウントすることができます。

COUNTIF関数
COUNTIF関数の使い方|条件に一致するセルを数える【図解】条件に一致するデータの数をカウントすることができるGoogleスプレッドシートのCOUNTIF関数の使い方。特定の文字列を含む、空白以外、指定した値以上などの条件で一致するデータを数えることもできる使用頻度の高い関数の一つです。...