数学

連番を入力するSEQUENCE関数

SEQUENCE関数

Googleスプレッドシートで連続する数字を入力したい時は、SEQUENCE関数を使用します。

連続する数字の入力方法として、他にROW関数COLUMN関数オートフィルという機能がよく利用されます。
そのオートフィルと同じことができるのがSEQUENCE関数です。

スプレッドシートのSEQUENCE関数の使い方

Sample

連番を入力する

SEQUENCE関数(完成例)

SEQUENCE関数で連番を表示する

連続する数字を入れたい最初のセルに以下のような数式を入力します。
多くの関数は入力したいセルすべてに関数をコピーしますが、SEQENCE関数は先頭セルのみに入力するだけでまとめて連続する値を表示できます。

1. 連番を入力したい先頭のセルを選択します。
(今回はセルA2)

2. =SEQUENCE(10) と入力します。

SEQUENCE関数の使い方

=SEQUENCE(10)

縦横の複数範囲に連番を入力する

表形式で連番を入力するなら、以下のよう行数と列数を指定することで複数範囲に連続するデータを表示できます。

1. 先頭のセルを選択します。(今回はセルA1)

2. =SEQUENCE(2,5) と入力します。

SEQUENCE関数の使い方(複数範囲に連番)

=SEQUENCE(2,5)

指定した範囲(縦2行、横5列分)のセルに、連番が表示されます。

開始番号を指定して連番を入力する

連番の開始番号を指定することもできます。

以下は11から入力する例です。

SEQUENCE関数の使い方(複数範囲に指定の値から連番)

=SEQUENCE(2,5,11)

増減の値を指定して入力

増分量を指定することで、降順の値を表示したり、10ずつ増加する連番などにすることもできます。

以下のように「-1」を指定すれば、1ずつ減っていく連番にすることもできます。

SEQUENCE関数の使い方(指定の分量で連番)

=SEQUENCE(2,5,10,-1)

スプレッドシートのSEQUENCE(シーケンス)関数の構文

スプレッドシートのSEQUENCE関数は以下のように入力します。

=SEQUENCE (行数,列数,開始値,増分量)
引数説明
行数縦何行分に表示させたいかを数字で指定。
列数 横何列分に表示させたいかを数字で指定。省略可。
開始値数字の開始値を指定。省略すると1から表示されます。
増分量いくつずつ増減させたいか。省略すると1ずつ増えます。
オートフィル
オートフィルで数字や日付などの連続データを入力する実務に基づくサンプルでわかりやすいGoogleスプレッドシート操作。スプレッドシートで連続する数字や日付など(連番や規則的なデータ)を簡単に入力したり、コピーするオートフィルの解説です。...