フィルタ

スプレッドシートで重複を削除するUNIQUE関数

UNIQUE関数

Googleスプレッドシートで重複を削除する場合は、UNIQUE関数を使用します。

UNIQUE(ユニーク)関数は、選択した範囲のデータから重複を削除したデータを抽出しリストを作成します。

2019年より関数を使わずに重複を削除する機能「重複の削除」が登場しました。
頻繁に更新されてリアルタイムで変更するデータが必要な場合は、UNIQUE関数が便利ですが、更新頻度が高くない時は「重複の削除」が便利です。

スプレッドシートのUNIQUE関数の使い方

Sample

重複を削除した社員表を作りたい

UNIQUE関数の使い方

A、B列での重複を削除する場合

範囲「A4からB13」から重複を削除するには以下のような数式を入力します。

1 重複のないリストを抽出したいセルを選択します(今回はセルD4)

UNIQUE関数の使い方2

2 =UNIQUE(A4:B13) と入力します。

UNIQUE関数の使い方3

指定したセル範囲(今回はA4からB13のセル範囲)での重複を削除した結果が、数式を入力したセル以降に表示されます。

すべての項目で重複を削除する場合

3列すべての項目が同じデータを削除した結果を表示させる場合は、範囲で3列すべてを選択します。

UNIQUE関数の使い方4
数式

=UNIQUE(A4:C13)

[活用方法]重複のないデータの件数を数える

重複のないデータの件数を数える場合には以下のようにCOUNTA関数を組み合わせることで件数を求めることができます。

数式

=COUNTA(UNIQUE(A4:B13))

スプレッドシートのUNIQUE(ユニーク)関数の構文

スプレッドシートのUNIQUE関数は以下のように入力します。

=UNIQUE(範囲)
引数説明
範囲対象となるデータ範囲を選択。