統計

平均値を求めるAVERAGE/AVERAGEA関数

AVERAGE、AVERAGEA関数

Googleスプレッドシートでデータの平均を表示する場合は、AVERAGE(アベレージ)関数、AVERAGEA関数を使用します。

どちらも指定した範囲のデータの平均を表示する関数ですが、計算したい範囲に文字列があった場合、以下のような違いがあります。

  • AVERAGE関数:数値のみの平均値を出す。文字列は無視される。
  • AVERAGEA関数:範囲に文字列が含まれる場合、文字列を0のデータとして平均値を計算する。

計算する範囲が数値データのみの場合は、どちらを使用しても同じ結果になりますが、範囲に文字列(数字以外)があると計算結果が変わるので注意してください。

スプレッドシートのAVERAGE関数の使い方

Sample

テスト結果の点数の平均を表示する

AVERAGE、AVERAGEA関数の使い方(完成例)

AVERAGE関数で平均を表示する

範囲「B4からB13」の平均値を表示するには以下のような数式を入力します。

1. 平均値を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルB14)

2. =AVERAGE(B4:B13) と入力します。

AVERAGE関数の使い方
数式

=AVERAGE(B4:B13)

指定したセル範囲(今回はB4からB13のデータ)の平均値が、関数を入力したセルに表示されます。

欠席のデータは無視され、点数の値の平均を計算します。

AVERAGEA関数で平均を表示する

AVERAGEA関数も、計算範囲など関数の入れ方は同じです。

平均値を表示させたいセル(今回はセルB14)を選択し、
 =AVERAGEA(B4:B13) と入力します。

AVERAGEA関数の使い方

AVERAGE関数は数字データのみで平均の計算結果を出すため「75点」という結果でした、AVERAGEA関数は、欠席を0の値をして平均を計算するので「60点」という結果になりました。

スプレッドシートのAVERAGE(アベレージ)関数の構文

スプレッドシートのAVERAGE、AVERAGEA関数は以下のように入力します。

=AVERAGE(値1,値2・・・)
引数説明
値1計算対象となるデータ範囲を選択。