情報

エラーか判断するISERROR関数

ISERROR関数

Googleスプレッドシートでエラーかどうかを調べる時は、ISERROR関数を使用します。

類似の関数でIFERROR関数もあります。
これらの関数の違いは以下です。

  • ISERROR関数:エラーかどうかを判断する(このページ)
  • IFERROR関数:エラーの時に表示させたい文言を書き換えることができる
    (IF関数とISERROR関数を組み合わせて結果を分けるのと同じことが1つの関数でできる)

エラー時の表記を変えたいならIFERROR関数を使う方が便利です。

エラーの時だけセルの色を変えるなど、条件付き書式で使用する時はISERROR関数を使用します。

スプレッドシートでエラーか判断する

Sample

指定したセルがエラーかを判断する

ISERROR関数(完成例)

ISERROR関数の使い方

A列の値がエラーかどうかを判断するには以下のような数式を入力します。

ISERROR関数は、エラーかどうかを判断する関数のため、
エラーの場合は「TRUE」、エラーではないなら「FALSE」が表示されます。

1. 判断結果を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルB2)

2. =ISERROR(A2) と入力します。

ISERROR関数の使い方

=ISERROR(A2)

IF関数と組み合わせて任意のテキストで結果を表示する

単体で使用すると結果は「TRUE」か「FALSE」の表示ですが、IF関数を組み合わせることで、エラーの時は結果を「空欄」にし、エラーにならない時はそのままセルの値を表示させることができます。

この使い方はIFERROR関数でできるため利用することは少ないですが、IFERROR関数と同じことをしたい時には以下のようにIF関数とISERROR関数を組み合わせてできます。

ISERROR関数の使い方(IF関数との組み合わせ)

=IF(ISERROR(B7/C7)=true,"",B7/C7)

IF関数
条件で結果を分けるIF関数Googleスプレッドシートで条件で結果を分ける時に使用するIF関数の使い方。IF関数とIF関数の掛け合わせで結果を3つにわけたり、OR関数やAND関数と組み合わせることで複数条件で結果を分けることもできます。...
IFERROR関数
エラーの代わりに指定した値を表示するIFERROR関数数式を入れた時に表示されてしまうエラーを回避するGoogleスプレッドシートのIFERROR関数の使い方。もしエラーだったら、指定した値を代わりに表示させることができる関数です。...

条件付き書式でエラーのセルに色をつける

条件付き書式の設定でISERROR関数を使用することで、セルがエラーの時だけセルの色を変えて目立たせることができます。

条件付き書式でISERROR関数で条件を設定する

1. 設定したいセル範囲を選択し、 
表示形式メニュー » 条件付き書式をクリックします。

ISERROR関数の使い方(条件付き書式でエラーの時セルの色を変更)

2. 画面右に表示された設定画面から、
単一色タブ » セルの書式設定の条件 » カスタム数式をクリックし、以下のような数式を入力します。

ISERROR関数の使い方(条件付き書式でエラーの時セルの色を変更)

=ISERROR($D4)=true

3. 色などを選択し、完了ボタンを押します。

ISERROR関数の使い方(条件付き書式でエラーの時セルの色を変更)

4. エラーのセルの色が変わりました。

ISERROR関数の使い方(条件付き書式でエラーの時セルの色を変更)

Googleスプレッドシートの条件付き書式
条件付き書式で色分けする方法条件にあうセルに色を付けたり、行全体に色を付けたりできるGoogleスプレッドシートの条件付き書式。完全一致の条件以外にもカスタム数式の設定方法、解除方法も解説します。...

エラーに関するその他の関数

エラーに関する関数は他にもあります。エラーと言っても複数のエラーの種類があるため、エラーの種類ごとに使い分けができます。

  • ISERROR:エラーかどうか判断する(このページ)
  • IFERROR:エラーの代わりに表示する値を指定する
  • ERROR.TYPE:エラーの種類を調べる
  • ISNA:エラーの種類が「#N/A」か判断する
  • ISERR:エラーの種類が「#N/A」以外か判断する

スプレッドシートのISERROR関数の構文

スプレッドシートのISERROR関数は以下のように入力します。

=ISERROR(値)
引数説明
対象となる値を入力するかセルを選択。