情報

テキスト、文字列か判断するISTEXT関数、ISNONTEXT関数

ISTEXT/ISNONTEXT関数

Googleスプレッドシートでテキスト(文字列)か、それ以外かを調べる時は、ISTEXT関数またはISNONTEXT関数を使用します。

この2つの関数はどちらも結果に「TRUE」か「FALSE」が表示されますが、テキストの時に「TRUE」にしたいのか、テキスト以外の時に「TRUE」にしたいかの違いだけです。

  • ISTEXT関数:文字列、テキストのとき「TRUE」、テキスト以外なら「FALSE」
  • ISNONTEXT関数:テキスト、文字列ではない(数字など)とき「TRUE」、テキストなら「FALSE」

単体で使用することは少なく、IF関数と組み合わせて結果を分けたり、条件付き書式で文字列の時にセルや文字の色を変えて使用することがあります。

スプレッドシートで文字列かそれ以外かを判断する

Sample

A列の値がテキストかどうか判断する

ISTEXT/ISNONTEXT関数(完成例)

ISTEXT関数の使い方

A列の値が文字列か文字列以外か判断するには以下のような数式を入力します。

ISTEXT関数は、テキスト(文字列)かどうかを判断する関数のため、
テキストの場合は「TRUE」、テキスト以外なら「FALSE」が表示されます。

1. 判断結果を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルB2)

2. =ISTEXT(A2) と入力します。

ISTEXT関数の使い方

=ISTEXT(A2)

2行目は「TRUE」なのでテキスト(文字列)、
3行目は「FALSE」なのでテキストではないと判断ができます。

ISNONTEXT関数の使い方

ISNONTEXT関数は、テキスト以外かどうかを判断する関数のため、
テキスト以外なら「TRUE」、テキストなら「FALSE」が表示されます。

ISNONTEXT関数の使い方

=ISNONTEXT(A2)

2行目は「FALSE」なのでテキスト、
3行目は「TRUE」なのでテキスト以外と判断ができます。

IF関数と組み合わせて任意のテキストで結果を表示する

Googleスプレッドシートには、判断する関数がたくさんありますが、これらは単体で使用するより、IF関数と組み合わせて利用すると便利です。

単体で使用すると結果は「TRUE」か「FALSE」の表示ですが、IF関数などを組み合わせることで、結果を「テキスト」「テキスト以外」という任意の文字での表示にすることができます。

ISTEXT関数の使い方(IF関数との組み合わせ)

=IF(ISTEXT(A2)=true,"テキスト","テキスト以外")

条件付き書式でテキストの時にセルに色をつける

条件付き書式の中でISTEXT関数(ISNONTEXT関数)を使用することで、値がテキストの時だけセルや文字色を変えることができます。

1. 設定したいセル範囲を選択し、 
表示形式メニュー » 条件付き書式をクリックすると画面右に設定する画面が表示されます。

ISTEXT関数の使い方(条件付き書式でテキストのセル色を変更)

2. 画面右に設定画面から、
単一色タブ » セルの書式設定の条件 » カスタム数式をクリックし、以下のような数式を入力します。

ISTEXT関数の使い方(条件付き書式でテキストのセル色を変更)

=ISTEXT($A2)=true

3. 色などを設定します。

ISTEXT関数の使い方(条件付き書式でテキストのセル色を変更)

4. セルの値がテキストの時にセルの色が変わりました。

ISTEXT関数の使い方(条件付き書式でテキストのセル色を変更)

他にも、行全体の色を変えたり、条件付き書式はさまざまな設定ができる便利な機能です。

Googleスプレッドシートの条件付き書式
条件付き書式で色分けする方法条件にあうセルに色を付けたり、行全体に色を付けたりできるGoogleスプレッドシートの条件付き書式。完全一致の条件以外にもカスタム数式の設定方法、解除方法も解説します。...

スプレッドシートのISTEXT関数、ISNONTEXT関数の構文

スプレッドシートのISTEXT関数、ISNONTEXT関数は以下のように入力します。

=ISTEXT(値)
=ISNONTEXT(値)
引数説明
対象となる値を入力するかセルを選択。