情報

空欄か判断するISBLANK関数

ISBLANK関数

Googleスプレッドシートで空欄(空白セル)かを調べる時は、ISBLANK関数を使用します。

単体で使用することは少なく、IF関数と組み合わせて結果を分けたり、条件付き書式で空白セルの色を変えて使用することがあります。

スプレッドシートで空欄かを判断する

Sample

指定したセルが空欄か空欄以外かを判断する

ISBLANK関数(完成例)

ISBLANK関数の使い方

A列の値が空欄かどうかを判断するには以下のような数式を入力します。

ISBLANK関数は、空欄かどうかを判断する関数のため、
空欄の場合は「TRUE」、空欄以外なら「FALSE」が表示されます。

1. 判断結果を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルB2)

2. =ISBLANK(A2) と入力します。

ISBLANK関数の使い方

=ISBLANK(A2)

注意:数式やスペースが入力されていて空欄に見える場合

セルにスペースが入っていたり、数式が入力されていても、見た目では空欄に見える時があります。
そのような時、ISBLANK関数での結果は空欄ではない判断(FALSE)になります。

ISBLANK関数で空欄を判断(補足)

IF関数と組み合わせて任意のテキストで結果を表示する

スプレッドシートには判断する関数がたくさんありますが、これらは単体で使用するより、IF関数と組み合わせて利用すると便利です。

単体で使用すると結果は「TRUE」か「FALSE」の表示ですが、IF関数などを組み合わせることで、結果を「空欄」「空欄以外」という任意のテキストでの表示にすることができます。

ISBLANK関数の使い方(IF関数との組み合わせ)

=IF(ISBLANK(A2)=true,"空欄","空欄以外")

IF関数
条件で結果を分けるIF関数Googleスプレッドシートで条件で結果を分ける時に使用するIF関数の使い方。IF関数とIF関数の掛け合わせで結果を3つにわけたり、OR関数やAND関数と組み合わせることで複数条件で結果を分けることもできます。...

条件付き書式で空白のセルに色をつける

条件付き書式の設定でISBLANK関数を使用することで、セルが空欄の時だけセルの色を変えて目立たせることができます。

条件付き書式でISBLANK関数で条件を設定する

1. 設定したいセル範囲を選択し、 
表示形式メニュー » 条件付き書式をクリックします。

ISBLANK関数の使い方(条件付き書式で空欄のみセルの色を変更)

2. 画面右に表示された設定画面から、
単一色タブ » セルの書式設定の条件 » カスタム数式をクリックし、以下のような数式を入力します。

ISBLANK関数の使い方(条件付き書式で空欄のみセルの色を変更)

=ISBLANK($A2)=true

3. 色などを選択し、完了ボタンを押します。

ISBLANK関数の使い方(条件付き書式で空欄のみセルの色を変更)

4. 空白セルの色が変わりました。

ISBLANK関数の使い方(条件付き書式で空欄のみセルの色を変更)

条件付き書式で空白セルを条件指定するもう一つの方法

条件付き書式で空白セルのみ書式を変更するには、ISBLANK関数で指定する以外に、条件選択にある「空白」を選択しても同様の設定が可能です。

条件付き書式の空欄のみセルの色を変更する方法

Googleスプレッドシートの条件付き書式
条件付き書式で色分けする方法条件にあうセルに色を付けたり、行全体に色を付けたりできるGoogleスプレッドシートの条件付き書式。完全一致の条件以外にもカスタム数式の設定方法、解除方法も解説します。...

スプレッドシートのISBLANK関数の構文

スプレッドシートのISBLANK関数は以下のように入力します。

=ISBLANK(値)
引数説明
対象となる値を入力するかセルを選択。