論理

エラーの代わりに指定した値を表示するIFERROR関数

IFERROR関数

Googleスプレッドシートでエラーが表示されないようにする場合は、IFERROR関数を使用します。

IFERROR関数を使用することで、計算の結果がエラーになってしまう時にエラーの代わりに、指定した値を表示することができます。

・エラーの代わりに空欄にする
・エラーの代わりに「-」を表示する
・エラーの代わりに「0」を表示する
など、表示結果を指定してエラー値が表示されるのを回避できます。

スプレッドシートのIFERROR関数の使い方

Sample

計算結果がエラーになる時は「0」と表示する

IFERROR関数の使い方(完成例)

エラーの時は0を表示する

数式を入れた時に、値が入力されていなかったり、値が見つからない等でエラーが表示されてしまうことがあります。

このように、数式を入れたいが結果がエラーで表示される箇所を、
見栄えをよくするため、わかりやすい表示にするために
指定した文字や数字、空欄に置き換える時に使用するのがIFERROR関数です。

IFERROR関数の使い方

エラー回避するには、以下のような数式を入れます。

1. 結果を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルD4)

2. =IFERROR(B4/C4,0) と入力します。

IFERROR関数の数式の入れ方(0を表示)

=IFERROR(B4/C4,0)

3. セルD4の数式をD10までコピーします。

D列の結果がエラーではなく、代わりに0が表示されました。

エラーの時は空欄にする

エラーを空欄にするには以下のような数式を入れます。

IFERROR関数の数式の入れ方(空欄)

=IFERROR(B4/C4,"")

エラーの時は「−」を表示する

エラーを「−」(ハイフン)にするには以下のような数式を入れます。

IFERROR関数の数式の入れ方(ハイフン)

=IFERROR(B4/C4,"−")

IFERROR関数を他の関数と組み合わせて使う方法

IFERROR関数は他の関数と組み合わせる(入れ子にする)ことで、関数の結果がエラーになったときに表示させる値を指定できます。

関数を複数組み合わせて使うことを「ネスト」といいます。

使用頻度の高い関数の組み合わせで、VLOOKUP関数とIFERROR関数を入れ子にして使用することがあります。

使用頻度の高いVLOOKUP関数では、結果がエラー表示されてしまうことがあり見た目が美しくありません。

数式は入れておきたいが、エラー値が表示されないようにするにはIFERROR関数を使用します。詳しくはVLOOKUP関数のページで解説しています。

VLOOKUP関数
指定した値と一致するデータを検索し該当する値を返すVLOOKUP関数Googleスプレッドシートで指定した値を検索する、表からデータを探すことができるVLOOKUP(ブイルックアップ)関数の使い方。ワイルドカードの使い方や、TRUEにした時の条件での振り分けができる近似値指定の便利な使い方も解説。...

スプレッドシートのIFERROR(イフエラー)関数の構文

スプレッドシートのIFERROR関数は以下のように入力します。

=IFERROR(値,エラー値)
引数説明
計算式やエラーが表示されているセルなどを指定。
エラー値 エラーの時に表示させたい値を指定します。