論理

条件ごとに結果を3つ以上に分けるIFS関数

IFS関数

Googleスプレッドシートで条件に一致するかどうかで結果を分ける(条件分岐)時に使用するIF関数がありますが、結果を3つ以上に分けたい時に使用するのがIFS関数です。

IF関数は、単独で使用した時は結果を2つに分けます。
結果を3つや4つに分けたい時はIF関数内にIF関数を入れ子にして条件分岐を増やす必要があります。
ただ、この入れ子の使い方はわかりにくく、ミスをしやすくなります。

IF関数を複数入れ子にせずに、同じ事をわかりやすく操作できるようになったのがIFS関数です。

スプレッドシートのIFS関数の使い方

Sample

点数によって評価を「優・良・可・不可」に分ける

IFS関数の使い方(完成例)

条件ごとに異なる結果を表示する

点数により4つの評価で分類するには以下のような数式を入力します。

1. 結果を表示させたいセルを選択します。
(今回はセルC4)

2. =IFS(B4>=90,"優",B4>=70,"良",B4>=60,"可",B4<60,"不可") と入力します。

IFS関数の使い方

=IFS(B4>=90,"優",B4>=70,"良",B4>=60,"可",B4<60,"不可")

3. セルC4の数式をC13までコピーします。

B列の点数によりD列に表示される結果が以下のように分かれました。
・90点以上で「優」
・70点以上で「良」
・60点以上で「可」
・60点未満は「不可」

IFS関数で使用する条件式

IFS関数で指定する条件は、以下の記号を使って入力します。

記号意味
=AとBが等しいA=100
>AがBより大きいA>B
<AがBより小さいA<B
>=AがB以上A>=B
<=AがB以下A<=B
<>AとBは等しくないA<>B

IF関数にIF関数を入れ子にする方法

IFS関数と同じことが、IF関数にIF関数を入れ子にすることでもできます。

関数を複数組み合わせて使うことを「ネスト」といいます。

IF関数×IF関数で結果を3つに分ける方法

上記と同じ事を、IF×IFで結果を3つに分けることもできます。

結果を3つに分類したい時は、以下のようにIF関数の中にさらにIF関数を入れ子で使用します。

1つ目のIF関数で、90点以上かそれ以外かの判別をし、
2つ目のIF関数で、70点以上かそれ以外かの判別をし、
3つ目のIF関数で、60点以上かそれ以外かで結果を分けます。

IF関数のネスト(IF関数とIFSの違い)

=IF(B4>=90,"優",IF(B4>=70,"良",IF(B4>=60,"可","不可")))

結果を4つ以上に分類したい時は、さらにIF関数を入れることで複数の結果に分けることができますが、分類が多いと入れ子にするIF関数の数が増えるため、IF関数よりもIFS関数を使用した方がわかりやすく便利です。

条件分岐のイメージフローチャート

IF関数をネストした時の条件分岐のイメージは以下のようになっています。

IFS関数(条件分岐のフローチャート)
IF関数
条件で結果を分けるIF関数Googleスプレッドシートで条件で結果を分ける時に使用するIF関数の使い方。IF関数とIF関数の掛け合わせで結果を3つにわけたり、OR関数やAND関数と組み合わせることで複数条件で結果を分けることもできます。...

スプレッドシートのIFS(イフエス)関数の構文

スプレッドシートのIFS関数は以下のように入力します。

=IFS(条件1,値1,条件2,値2...)
引数説明
条件条件式を指定。
条件に一致した時(TRUEの時)に表示させたい値を指定します。