数学

ランダムな値を入力するRAND/RANDBETWEEN/RANDARRAY関数

RAND関数、RANDBetween関数、RANDARRAY関数

Googleスプレッドシートでランダムな数字を入力ランダムなデータの表を作成する場合は、RAND/RANDBETWEEN/RANDARRAY関数を使用します。

ダミーデータの作成や、とりあえず見本で適当な数字を入れておきたい時などに使用します。

新たに入力する場合はRAND関数/RANDBETWEEN/RANDARRAY関数が便利ですが、すでに入力がされているデータをランダムに並び替えたい時は「範囲をランダム化」の機能が便利です。

  • RAND関数:0以上1未満の範囲でランダムな数字を表示
  • RANDBETWEEN関数:ランダムに表示する数字の範囲を指定
  • RANDARRAY関数:行数、列数を指定で0以上1以上のランダムな値を複数セルにまとめて入力する

スプレッドシートのRAND/RANDBETWEEN/RANDARRAY関数の使い方

Sample

ランダムな数字を入力する

RAND関数、RANDBETWEEN関数(完成例)

RANDBETWEEN関数の使用例

ランダムな数字を入力したいセルに以下のような数式を入力します。
以下は50以上100以下の数字を表示する例です。

1. ランダムな値を表示させたい先頭のセルを選択します。
(今回はセルA2)

2. =RANDBETWEEN(50,100) と入力します。

RANDBETWEEN関数の使い方

3. 数式を下までコピーします。

関数を入力したセルからコピーしたいセル範囲(セルA2からセルA11)を選択し、Ctrl+Dでコピーできます。

RANDBETWEEN関数の使い方

指定した範囲(今回は50以上100以下)の数字が、数式を入力したセルに表示されます。

RAND関数の使用例

RAND関数は引数(範囲の指定)は不要で、0以上1未満でランダムな数字が表示されます。

RAND関数の使い方

RAND関数は小数点の数字が表示されるため、整数表示にしたい場合は、RANDBETWEEN関数を使用してください。

範囲のランダム化
データをランダムに並べ替えるGoogleスプレッドシートの「範囲のランダム化」は選択した範囲だけランダムに並べ替えることができる機能です。...

RANDARRAY関数の使用例

RANDARRAY関数は引数に行数と列数を指定することで、複数範囲へまとめて、0以上1以下でランダムな数字が表示されます。

RANDARRAY関数の使い方

上記は、縦5行、横3列の範囲にまとめて入力する例です。

スプレッドシートのRAND(ランダム)/RANDBETWEEN関数の構文

スプレッドシートのRANDBETWEEN関数は以下のように入力します。
※RAND関数は引数()内は不要です

=RANDBETWEEN(下限,上限)
引数説明
下限表示させる数字の下限。
上限 表示させる数字の上限。

スプレッドシートのRANDARRAY関数の構文

スプレッドシートのRANDARRAY関数は以下のように入力します。

指定したセル範囲に0以上1以下のランダムな値が入ります。

=RANDARRAY(行数,列数)
引数説明
行数表示させたい分のセルの行数範囲。
列数 表示させたい分のセルの列数範囲。