シート操作

スプレッドシートの保護、セルの保護(編集範囲を制限)

シートの保護

Googleスプレッドシートの便利なところは、スプレッドシートを会社の人や友人に簡単に共有して一緒に作業できることです。

他の人に変更されると困るところを保護することで、安心してスプレッドシートを他の人に共有することができます。

保護する範囲は、以下で設定ができます。

  • シート全体
    シート全体を編集不可にする(一部セルを除外も可能)
    保護する範囲が広い時。
  • 一部のセル
    一部分を編集不可にする。保護する範囲が小さい時。

シートを保護する、編集不可にする(編集できる人を制限する)

Sample

他のユーザーが編集できないようにする(警告を表示させる)

シートの保護(イメージ)

1.保護するシートを選択

保護したいシート名の右のボタン » シートを保護をクリック。
(シートタブ内を右クリックでも可)

またはツールメニュー » シートを保護をクリック。

シートを保護

設定画面が表示されます。
保護したいシートの選択、説明を入力します。

シートの保護(シートの選択)

2.特定のセルを除く(一部セルを編集可能にする)

シート全体を保護する時に、特定の一部のセルを編集可能にすることもできます。

特定のセルを除くをチェックし、編集可能にする範囲を指定します。

シートの保護(除外する範囲を指定)

保護から除外するセル範囲は複数指定が可能です。
(除外=編集可能にする場所)

指定が終わったらOKボタンをクリックします。

シートの保護(除外する範囲を指定)

3.権限を選択

保護するシート、除外範囲が決まったら権限を設定ボタンをクリックします。

シートの保護(権限を設定)

権限は、以下2つから選択します。

  • この範囲を編集するときに警告を表示する
    他のユーザーが編集しようとすると警告が表示されます。
    警告が表示されますが、編集は可能です。
  • この範囲を編集できるユーザーを制限する
    編集可能なユーザーを個別に指定できます。
    指定したユーザー以外は保護されている範囲の編集ができません。

この範囲を編集するときに警告を表示する

シートの保護(範囲の編集権限)

この範囲を編集できるユーザーを制限する

編集可能にする特定ユーザーの指定は以下から選択ができます

  • 自分のみ
    自分以外のユーザーは編集不可
  • カスタム
    編集を許可するユーザーを個別に設定できる
  • 別の範囲から権限をコピー
    別の範囲にすでに設定があればその権限をコピーできる

自分のみ

設定したアカウントのみ編集が可能です。

シートの保護(ユーザー制限)
カスタム

名前かメールアドレスでユーザーを個別に追加します。

シートの保護(ユーザー追加)
別の範囲から権限をコピー

別のセル範囲やシートに設定している権限があればそれをコピーできます。

シートの保護(別の範囲から権限をコピー)

4.設定完了

内容を編集したい時、保護するシートをさらに追加する時はこの画面から操作が可能です。

シートの保護((別の範囲から権限をコピー)

これでシート全体を保護する設定ができました。

スプレッドシートの共有の設定は共有のページで詳しく説明しているので以下のリンクからご覧ください。

ファイルの共有
スプレッドシートの共有、複数人で編集するスプレッドシートのデータを知り合いに共有する方法を解説。共有することで同じファイルを同時に編集することができる便利な機能です。ユーザーにより、閲覧のみや編集などの権限を設定することができます。フォルダごとの共有やスマホアプリでの操作方法もあります。...

セル範囲を指定して保護、編集不可にする

編集不可にする範囲が小さいときは、シート全体ではなくセル範囲を選択して保護をします。

1.保護範囲を選択

保護したいセル範囲を選択し、
データメニュー » 保護されたシートと範囲をクリックします。

シートの保護(セル範囲で保護)

2.権限を設定

設定画面が表示され、保護する範囲が設定されているのを確認します。
範囲を変更したい時はこの画面で範囲を変更します。

権限を設定ボタンをクリックし、編集できるユーザーなどの権限を設定します。
(権限の詳細はシートの保護と同じです。)

シートの保護(セル範囲で保護)

これで特定のセル範囲を保護する設定ができました。

ユーザーに表示される画面

指定した権限により、ユーザーが編集しようとすると以下のような画面が表示されます。

この範囲を編集するときに警告を表示する

権限で警告表示を選択した場合、以下のような警告画面が表示されます。

警告は表示されますが、OKボタンを押せばユーザーは保護されている範囲を編集することができます。

シートの保護(警告)

この範囲を編集できるユーザーを制限する

編集権限でユーザーを指定した場合は、編集権限のないユーザーが保護範囲を編集しようとすると以下のような画面が表示され、権限のないユーザーは編集はできません。

シートの保護の解除

保護の解除方法、権限の変更

データメニュー » 保護されたシートと範囲をクリックします。

シートの保護の解除

設定画面が表示されます。
削除したい設定をクリック » ゴミ箱ボタンをクリックで削除ができます。

権限の変更などもこの画面から操作可能です。

シートの保護の解除

シート、セルの保護の設定は以上です。

ファイルの共有
スプレッドシートの共有、複数人で編集するスプレッドシートのデータを知り合いに共有する方法を解説。共有することで同じファイルを同時に編集することができる便利な機能です。ユーザーにより、閲覧のみや編集などの権限を設定することができます。フォルダごとの共有やスマホアプリでの操作方法もあります。...