テキスト

文字数をカウントするLEN/LENB関数

LEN関数とLENB関数

Googleスプレッドシートでセル内の文字数を数えたい場合は、LEN関数を使用します。

同じ使い方でLENB関数があります。

使い分けは、

  • LEN関数:文字数のカウント
  • LENB関数:バイト数のカウント

の違いになります。

LEN関数(完成例)

スプレッドシートのLEN関数の使い方

Sample

文字数を数える

バイト数を表示したいセルを選択し(今回はセルB2)、以下のように数式を入力します。

LEN関数の使い方

=LEN(A2)

スプレッドシートのLENB関数の使い方

Sample

バイト数を数える

バイト数を表示したいセルを選択し(今回はセルC2) 、以下のように数式を入力します。

LENB関数の使い方

=LENB(A2)

半角全角によりバイト数が変わるため、半角英数字の場合は文字数と同じ値が表示されます。
全角の場合は全角1文字=2バイトのため、そのカウントのバイト数が表示されます。

スプレッドシートのLEN(レン)関数の構文

スプレッドシートのLEN関数、LENB関数は以下のように入力します。

=LEN(テキスト)
引数説明
テキスト数えたいテキストを入力するか、セルを選択。