ファイル操作

スプレッドシート内でチャットする

チャット

Googleスプレッドシートでは、複数のユーザーが同じファイルを開いている時に、チャットできる機能があります。

スプレッドシートは、簡単に他ユーザーとデータを共有することができるのが特徴です。
さらに、共有と一緒に使える便利な機能がたくさんあり、チャット以外にも他ユーザーとのやり取りに使える機能があります。

  • コメント:共有している相手とやり取りができます。
  • メモ:セルに対するメモ。自分用のメモ。
  • チャット(このページ):同時に同じスプレッドシートを開いているユーザーとリアルタイムでやり取りができます。

他ユーザーが同じファイルを開いていない時はチャット機能は使用できません。
その場合にメッセージを送るならコメント機能、という使い分けができます。

このページではチャットの使い方を説明します。

スプレッドシートのチャット

同時に開いている他ユーザーにチャットをする

1 画面上に表示されているチャットアイコンをクリックします。

他ユーザーが開いていない時は使用できません。

チャットアイコン

2 チャット画面が表示されたら、メッセージを入力しEnterキーで送信します。
メッセージを途中で改行するにはShift+Enterキーで改行ができます。

チャットを送る

3 送信したメッセージが表示されます。

チャット内容が表示される

チャットを返信する

他ユーザーからチャットがくるとアイコンにメッセージがきたことを知らせるマークがつきます。

チャットの通知

アイコンをクリックし、チャット画面が表示されたら、メッセージ内容を確認できます。

返信する場合はメッセージを入力してEnterキーで送信します。

チャットの返信

チャットの終了

チャットを終了、チャット画面を消す場合は、
チャット画面の右上にある×ボタンで終了します。

チャットの終了

ファイルの共有
スプレッドシートの共有、複数人で編集するスプレッドシートのデータを知り合いに共有する方法を解説。共有することで同じファイルを同時に編集することができる便利な機能です。ユーザーにより、閲覧のみや編集などの権限を設定することができます。フォルダごとの共有やスマホアプリでの操作方法もあります。...