データ操作

テキストの回転(横書き、縦書き)

テキストの回転(縦書き)

Googleスプレッドシートで文字の方向を変える方法を説明します。

セルに入力した文字はデフォルトは横書きですが、縦書きにしたり、斜めにしたりすることができ、表の項目を目立たせたり、キレイに収める時に使用します。

スプレッドシートでテキストの回転

テキストの回転(縦書き)

縦書きにする方法

以下の見本ではA1に入力されているテキストを縦書きにしてみたいと思います。

テキストを縦書きにしたいセル、またはセル範囲を選択し、
テキストの回転ボタン » 縦書きをクリックします。

縦書きにする方法1

縦書きになりました。

縦書きにする方法2

その他の回転

ボタンには縦書き以外にも、斜めや横向きボタンがあります。

■上に傾斜

テキストの回転(上に斜傾)

■下に傾斜

テキストの回転(下に斜傾)

■上に回転

テキストの回転(上に回転)

■下に回転

テキストの回転(下に回転)

■角度を指定して回転

任意の角度にする場合は、数字を選択するか、直接数字を入力して回転角度を指定することもできます。

テキストの回転(数字指定)

デフォルト(横書き)に戻す

デフォルトの横書きにしたい時は、設定と同様、設定したいセルを選択し、
テキストの回転ボタン » なしをクリックします。

テキストの回転(デフォルトに戻す)

メニューから設定する方法

表示形式メニュー » テキストの回転 » 変更したい設定を選びます。

テキストの回転(ダイアログボックス)

スマホアプリでの操作方法

スマートフォンのスプレッドシートアプリでの操作方法を説明します。

設定したいセルを選択し、文字装飾ボタンを押すと、画面の下に設定項目が表示されたら、
テキストの回転 をタップします。

テキストの回転(スマホ)

テキストの回転(スマホ)

続いて、縦書きをタップするとテキストが縦書きに変更されます。

テキストの回転(スマホ)
テキストの回転(スマホ)