Google

画像を挿入するIMAGE関数

IMAGE関数

Googleスプレッドシートで画像を挿入する場合は、IMAGE関数を使用します。

IMAGE(イメージ)関数は、スプレッドシートに画像を追加することができる関数です。

スプレッドシートのIMAGE関数の使い方

Sample

セルに画像を挿入する

IMAGE関数の使い方

画像のパスを指定して画像を表示する

画像を挿入するには画像のパスを使用して以下のような数式を入力します。

1. 画像を追加したいセルを選択します。(今回はセルB2)

2. =IMAGE(A2) と入力します。
直接画像パスを入力することもできます。

IMAGE関数の使い方

指定したパスの画像が、数式を入力したセルに表示されます。

サイズを指定する、比率を変える

セルのサイズ(行や列の幅)を変更した時に、画像の縦横比を固定するか、幅に合わせて変更するかなど、縦横比とサイズの調整を指定することができます。

1から4までの数字を指定することで画像の縦横比、サイズが変わります。

それぞれの値を指定した時の画像は以下のようになります。

IMAGE関数詳細
  • 1:縦横比を変えない
  • 2:セルのサイズに合わせたサイズに変動。縦横比が変わります。
  • 3:元の画像サイズをそのまま挿入します。
      サイズが大きい場合などはトリミングされることがあります。
  • 4:画像サイズの縦横の幅を数字で指定することができます。
     4を指定した場合は、その後に縦のサイズ、横のサイズをさらに数字で入力します。

QRコードを作成する

IMAGE関数を使ってウェブサイトのURLなどのQRコードを作成することができます。

Googleが提供しているサービスで、Google Chartsという、グラフ作成ができるツールがあり、そちらの機能を使用することで、QRコードをスプレッドシートで作成できます。

関数の入力方法は、IMAGE関数にGoogle ChartsのURLと以下の内容を指定することで作成できます。

  • chs:QRコードのサイズの指定
  • cht:QRコードを使用するためのパラメータ
  • chl:QRコード化したいURLを指定

IMAGE関数でQRコードの作成
数式

=IMAGE("http://chart.apis.google.com/chart?chs=200x200&cht=qr&chl="&A2)

関数で作成するメリットは、例えば1万件のURLのリストすべてQRコードを作成する必要があった時でも、数式をコピーするだけで簡単に大量のデータでもすぐに作成できることです。

スプレッドシートのIMAGE(イメージ)関数の構文

スプレッドシートのIMAGE関数は以下のように入力します。

=IMAGE(URL,モード,高さ,幅)
引数説明
URL画像のパスを入力するか、パスが記載されているセルを選択。
モード省略可。セルサイズが変わった際に縦横比を固定するか変動するかの指定。
高さ 省略可。縦幅を指定するときに入力。
省略可。横幅を指定するときに入力。