Google

言語を翻訳するGoogleTRANSLATE関数

GoogleTranslate関数

Googleスプレッドシートでテキストの翻訳ができるGoogleTRANSLATE関数の使い方を紹介します。

GoogleTRANSLATE関数の使い方

Sample

日本語を入力したら英語に自動翻訳する

GoogleTranslate関数(完成例)

日本語を英語に翻訳する

日本語のテキストを英語に翻訳する例です。

1. 英語に翻訳したテキストを表示させたいセル(今回はセルB2)を選択します。

2. =GOOGLETRANSLATE(B1,"ja","en") と入力します。

GoogleTranslate関数(日本語から英語へ翻訳する)
数式

=GOOGLETRANSLATE(B1,"ja","es")

上記の例(日本語→英語への翻訳)では、セルB1に入力されているテキストを対象に、
・ソース言語:日本語(ja)を
・ターゲット言語:英語(en)に変換する
という指定になります。

指定する言語はアルファベット2文字の言語コードで指定します。
使用頻度の高い言語コードは後半で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

なお、ソース言語はautoを指定して自動判別にすることもできます。

英語を日本語に翻訳する

英語から日本語に翻訳したい場合は、以下のように入力します。

GoogleTranslate関数(英語から日本語へ翻訳する)
数式

=GOOGLETRANSLATE(B1,"en","ja")

さまざまな言語へ翻訳する例

各言語へ変換する指定方法と言語は以下のようになります。

ターゲット言語を変えるだけで、英語、中国語、スペイン語などさまざまな言語に簡単に変換することができます。

GoogleTranslate関数(さまざまな言語の例)

言語コード

使用頻度の高い言語コードは以下です。

日本語ja
英語en
中国語zh
韓国語ko
タイ語th
スペイン語es
イタリア語it
フランス語fr
ドイツ語de
ロシア語ru

上記にない言語コードは以下のサイト(Wikipedia)などを参考にしてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_639-1%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E4%B8%80%E8%A6%A7

DETECTLANGUAGE関数
テキストが何語か判別するDETECTLANGUAGE関数Googleスプレッドシートでテキストが何語なのかを判別するDETECTLANGUAGE関数の使い方。判別したいテキストを指定すると、その言語コードが表示され、何語なのかがわかる関数です。...

GoogleTRANSLATE(グーグルトランスレート)関数の構文

スプレッドシートのGoogleTRANSLATE関数は以下のように入力します。

=GOOGLETRANSLATE(テキスト,ソース言語,ターゲット言語)
引数説明
テキスト翻訳したいテキストを直接入力するかセルで指定。
ソース言語 テキストで指定したテキストの言語をコードで指定。
※autoを指定することも可(auto:自動判別)
ターゲット言語指定したテキストを何語に変換するかの言語コードを指定。